かつらとは

かつらの毛質の種類

かつらを購入するとき、まずはかつらごとの毛質について知っておきたいと思います。
この毛質の問題を無視してしまうと、仕上がりが不自然になってしまったり、使った時に違和感を感じてしまうこともあるのです。
まず、かつらの毛質には人毛、人工毛髪、ミックスと3つの種類が存在しています。
人毛は、人の毛髪を使って作られています。
使用する毛については、中国やインドなどのアジア圏から集められた毛を使用するため、日本人にもマッチしやすいのが特徴です。
人毛は見た目的にも自然なため、つけているとき人の目を気にする必要もないかと思われます。
また人の毛を使用しているため、カラーリングしたときに色が入りやすいですし、パーマもかかりやすいため髪型を自由自在にアレンジすることもできます。
ただ人毛ということで、こまめにお手入れをしておかないと毛が絡んでしまったり傷みやすくなります。
また、人の毛を使用しているということで、その分料金も高くなります。

次に人工毛髪ですが、人工毛髪はポリエステルをはじめとする人工的な線維からつくられています。
人工的に作られた繊維を使用しているため人毛と比べて髪も絡みにくいですし、特別なケアをしなくても済むというメリットがあります。
また、非常に軽いのでつけていても違和感を感じにくいですし、丈夫なため長く使い続けることができます。
お値段も安く抑えられているため、金銭的な負担なく購入することができます。
ただその一方で、人毛に比べると見た感じや触り心地、ツヤなどが不自然になってしまいます。
また、人工毛髪の場合化学的な線維からつくられているため、ドライヤーなどの熱に弱くパーマなどもかけることができないというデメリットもあります。

最後にミックスタイプについてですが、ミックスタイプは人毛と人工毛髪をミックスする形で作られています。
そのため、毛の手触りや見た目、ツヤなども人工毛髪に比べて自然ですし、パーマやカラーリングなども行うことができます。
さらに人毛に比べて丈夫ですし、特別なお手入れも必要としないため手間なく管理を行っていくことができます。
気になる値段についても、人毛によりもお安く購入できるものもあるため、金銭的な負担なく購入することができます。

このように、かつらに使用されている毛質ごとにメリットやデメリットが存在します。
自分で納得して使用するためには、それぞれの特徴を把握して、最適な毛質を選ぶ必要があるのです。
出来る限り、自分の髪の毛とあっているものを選びたいものです。

 

CSS Layout by Rambling Soul | Free WordPress Theme by Theme Lab and Linux Web Hosting